ハリー・ポッターと炎のゴブレット


出だしから今回も不穏。
傷が痛むことに不安を覚えるハリーの元に吉報が届いたのは良かった。
クィディッチのワールドカップの話題が出てからは楽しみで仕方なかった。

マグルから隠れようとすると魔法使いも大変だなぁ、とワールドカップ会場へ行く過程を読んでて思った。

それにしてもマルフォイ一家と席が近いのが嫌だな…キャラ単体ではそちらも好きなんだけど。

魔法界で育たなかった魔法使いは過去の悪しき伝統を否定できるから純血主義には嫌われてるのかな。
ハーマイオニーがしもべ妖精について指摘してる読んでて思った。都合が悪い魔法使いたちもいそうだよね。

ムーディ先生は表向きは無茶苦茶あやしいのに敵として疑い難い珍しい登場人物かも。
だからこそ逆に心配になる。
この心配は後にある意味あたってたんだけど、本来のムーディに先生して欲しかったなと思う。

炎のゴブレットの件が印象に残っていてこの辺りまでのストーリーが抜けてたんだよな。
自分の意思ではなく代表選手に選ばれてしまったハリーが気の毒で…ダンブルドア校長とハーマイオニーとハグリッドだけでも信じてくれて良かった。

ドラゴンから卵を奪う勝負は短い話しながら熱かった。ハリーはやはり箒で飛んでる時が楽しそうで良い。

ハグリッドについては…いやあのハグリッドの方がマダム・マクシームのことを好きなんだとばかり思ってた。
酷い記事を書かれて凹んでも、ダンブルドアやハリーたちの励ましで立ち直った姿はちょっと感動した。

スキーター記者には始終いい加減にして欲しいな…と思いながら読んでた。死喰い人並にある意味厄介じゃない?

スネイプ教授は悪人ではないという視点で見ると非常に惹かれる人物。(悪人キャラも好きだが)
あれだけ嫌味や皮肉言っててちゃんとハリーたちを守ってる。そのギャップが良い。
ますます謎のプリンスを読むのが楽しみになってきた。彼が亡くなるのは嫌だけれど何を考え行動していたのか、生き様を見届けたい。

クラウチ氏の妻子の話も壮絶だけど、ネビルの両親の話がこれまた意外で辛い。
クラウチ家の一連の悲劇は物語の事件としてみれば好みかもしれない…
第三の課題はセドリックとの共闘と結末が熱かっただけに、その直後の出来事がショックすぎる。

これからのことを考えると新鮮しかないけど、ハリーの期待と融資を得たフレッドとジョージには私も期待したい。
重い話は好きだけど笑いもあった方がいい。

ら行静山社

Posted by tukitohondana


inserted by FC2 system