ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団


近所の変人だと思ってたおばあさん魔法使いの家系だったのか。
魔法使えなくても頼もしい言動に噴いた。こういうおばあさんキャラ好き。

ここにきてペチュニアがハリーの親戚だということを思い出させてくれる。
ハリーが退学になるかもと思った時は正当防衛なのに!と怒りを覚えたりもしたけど、マッドアイやルーピンとの再会と箒での移動はわくわくした。

今回ハリー荒んでるなぁ。
ヴォルデモート卿の復活、セドリックの死という出来事が大きいのか。
ロンやハーマイオニーと自分を比べてしまうシーンが多い。
今までハリーの敵はヴォルデモート卿と一部の死喰い人だけだったけど、増えてきたしなぁ。

ホグワーツに戻ってからもマルフォイが監督生になったり、ハリーたちを信じる者と不審がる者に別れてきてて憂鬱。
アンブリッジ先生の授業方針は私も疑問を抱かずにはいられない。実際ここ数年のホグワーツでは危険な事件が起こってるわけだし…

防衛術を学ぶために希望者が集まる展開はちょっとわくわくするな。
実際必要なことだと思うけど。

スネイプ先生VSアンブリッジ先生は見ててすっとした。
マクゴナガル先生の、対応も良かったけど。
ハリーが魔法薬を失敗する度にスネイプ先生が消してくれるのある意味ラッキーじゃないか?失敗した薬は危険だし、片付けなくて済むし…

DAの秘密の集まりの日時を知らせる方法いいな。
流石ハーマイオニー。
彼女が良かれと思ってやっているしもべ妖精の状況改善についてはちょっともやっとするけど、いい子で良かった。好きだし優秀なので敵に回したくない;

私はスポーツ観戦趣味では無いけど人は応援するチームがあると良くも悪くも狂うよね。マクゴナガル先生もそこは例外じゃなくてそこも好き。公平な先生なんだけどクィディッチ絡むとちょっとあれじゃない?

━━━━━━━━━━━━━━━

ハグリッドが無事に帰ってきたのはいいとして巨人たちがどう動くか不安。
チョウの存在はセドリックのことを思い出させるのがなぁ…それさえなければ応援するんだけど。
後から解決すべき危険な問題を沢山抱えてるハリーにチョウは面倒な相手では?とも思うようになった。チョウも辛い立場ではあるしまだ子供だから仕方ないんだろうけど。

ロンのお父さんの怪我は治って本当に良かった。パーシーの件もあるのにロンの家族の誰かが欠けるのは見たくない。

スネイプ先生と課外授業!?
原作読んでる時はあまり妄想しないんだけどスネハリも好きなので思わず凄い反応してしまった。ハリーは嫌だろうけど。
実際の課外授業はスネイプ先生が真剣に閉心術を教えようとしてるのが伝わってきて胸が熱くなった。言い方とかは意地悪だから誤解されてるけど。

インタビューがザ・クィブラーに掲載された後の周囲の反応は爽快だった。
流石ハーマイオニー。
特にトレローニー先生の手のひら返しにはちょっと笑ってしまった。

ハリーたちを庇って学園から姿を消したダンブルドアには痺れた。
フィニアスがダンブルドアを粋と表現したのもいい。
先生たちがアンブリッジに対しては皮肉たっぷりに塩対応なのもスカッとした。

親世代の話は知ってはいたけど、なかなか酷いな。
想像以上にスネイプ先生被害者で悪くないじゃないか;
父親の過去を知ってショックを受けるハリーは気の毒だったけど、知れて良かった気もする。
15歳の時はたいてい皆が馬鹿をやるもの…か。私も子供の頃の嫌な人間関係の思い出はそう思って気持ちを切り替えるべきなのかもなと思うことがあるけど、なかなか難しいんだよね。

フレッドとジョージがまさかあんな形で学校を去るとはなぁ。
あの二人には楽しませて貰うことも多かった一方で苛立つことも多かった。それがもはや懐かしい。
驚いたのはビーブスかな。まさかあのゴーストにGJと思うことがあるとは。

ハリーの仲間を助けたいという思いを利用されるのはなかなかキツイ。
神秘部ではついにこの時が来たか…亡くなる登場人物はあらかた知っていたとはいえ胸が痛む。
ダンブルドア校長がもっと早く全てを話していればいう気持ちと、校長と同じく知らなかったからこそハリーは学校生活を楽しむ時間があったとも思える。そしてハリーを監督生に選ばなかった理由に泣いた。
それにしてもトレローニー先生とハリーに奇妙な因縁があったとは…

ルーナ好きかも。
なんやかんやでいい子だったし、マイペースで逞しいとこもある。

駅でルーピンやムーディがダードリー氏に警告しにきてくれたのは、今学期に苦しんだハリーを思いやってのことかな。
ハリーが少しでも平和な夏休みを過ごせるように願った。

ら行静山社

Posted by tukitohondana


inserted by FC2 system